© 東北住宅新聞社 All rights reserved.

HOME > 新着NEWS

新着NEWS

    2015/03/22
    北洲 住まいのグッドリビングショー2015
    建設資材販売・住宅メーカーの株式会社北洲(本社:宮城県黒川郡、代表取締役社長:村上 ひろみ、以下北洲)は、住宅関連商品の総合展示会「住まいのグッドリビングショー」(主催:北洲、後援:岩手県)を2015年3月21日、22日の2日間、北上総合体育館(岩手県北上市)にて開催した。

    1972年の第1回目から、40年以上に渡って開催している「住まいのグッドリビングショー」は、約3000平米の展示スペースに、設備・建材メーカー62社が集結する、岩手県内最大級の住まいの総合展示会。

    4月からの改正省エネルギー基準施行を目前に控えた今年は、「イイコトいっぱい、住まいの新発見!!」をテーマに、健康的で快適、かつ省エネルギーな暮らしを実現する商品を中心に、家族の暮らしの未来を見つけることのできる展示内容とのこと。

    企画業務部高橋さんによると来場目標は2日間で4000名とのこと。
    今年はやはり環境・省エネが大きなテーマで62社を数える各メーカーにはテーマに沿った展示を要請したという。北洲としても湿式の外断熱工法である「アルセコ」、潜熱蓄熱材「エコナウォール」

    といった省エネに資する建材の展示をはじめ、リフォーム関連ではこの2月にスタートした北洲オリジナルの住宅診断システム「JJJ断熱診断」の展示も実施。参考出展でCLTコーナーも設けるなど盛り沢山の内容であった。

    DSC03770