© 東北住宅新聞社 All rights reserved.

HOME > 新着NEWS

新着NEWS

    2015/11/21
    日本エコハウス大賞2015
    建築知識ビルダーズ主催(本社・東京 木藤阿由子編集長)は19日

    初開催となる「日本エコハウス大賞」の公開審査と各入賞作品発表を

    ホーム&ビルディングショー2015の中で行った。

    全エントリー89作品のうち事前審査会で入賞が決まった4作品の中から

    当日会場に訪れた聴衆の票も合わせ、秋田県のもるくす建築社「開放する北国の家」

    が大賞に選ばれた。

     

    「開放する北国の家」は秋田県大仙市にあり、南面に大きなカーテンウォール

    を設け、付加断熱を施し、Q値1.17W/㎡kを実現させた物件。

    秋田の冬期間の貴重な日射を効率よく取り込み、明るさや暖かさを失わず、

    快適な空間を実現させた。

     

    審査員である伊礼智さんからは「性能と建主の思いのバランスが取れ、且つ開口部の

    設計をきちんと考えた今後の開口部の答えのひとつとなり得る作品。」との評があった。

    同じく東大前先生からは全体の所見として「エコハウスが普通のものになっていくであろう中で、多く

    の人が住めるみんなのためのエコハウスであるべき。」という評もあった。

     

    受賞したもるくす建築社佐藤社長は「まずは施主に、それから関わってくれた全ての人に

    感謝します。」とコメントがあった。

     

    建築知識ビルダーズでは来年以降もこのコンテストを継続していく意向。

    DSC05238 DSC05305