© 東北住宅新聞社 All rights reserved.

HOME > 新着NEWS

新着NEWS

    2016/10/28
    第2回 日本エコハウス大賞
    10月27日(木)第2回 日本エコハウス大賞(建築知識ビルダーズ主催)の

    公開審査及び表彰式がジャパンホームショーの会場内で開催されました。

    全エントリー69社の中から大賞候補4作品が選ばれ、当日ノミネートされた

    4社が審査員と会場の聴衆に向けてプレゼンテーション、質疑応答、会場票も

    加味して大賞に決定したのは仙台市の設計島建築事務所三浦さんの自邸

    「スキップするトンネルハウス」です。

    南北に長く高低差のある敷地の条件をうまく活かした点、貼りボテではない素材使い、

    断熱もセルロースファイバーを使い、きっちり数値を出してきた点など、バランスの

    良さも高評価につながったようです。

    全体的にはエントリー作品の底上げが顕著で性能がHEAT20のG1レベル

    (旧Ⅲ地域でのQ値換算1.6W/㎡k)が普通になってきており、

    争点はその数値以外のところに移ってきたようです。

    また、リノベーション大賞に大森典子建築設計事務所の「福島の家」

    温熱性能部門賞に菊池組の「自然の恵みを詰め込んだギフトボックス」と

    稲見建築設計事務所の「朽ちる家」

    日本スティーベル協賛賞に菊池佳晴建築設計事務所の「国見ヶ丘の家」

    がそれぞれ選ばれ、大賞も含め東北勢で5作品の受賞となりました。

     

     

     

     

    dsc06929 dsc06936 dsc06932  dsc06944