© 東北住宅新聞社 All rights reserved.

HOME > 新着NEWS

新着NEWS

    2018/06/09
    ヘルマンカウフマンさんセミナー
    ㈱イケダコーポレーション様主催 Bug seminar 2018 のカウフマンさんのセミナーに

    行ってきました。ご自身の地元であるオーストリア・フォーアールベルク州における木造建築

    の取組みや自信の設計された建築の紹介などがありました。

    特に木造建築へのこだわりは特別強くお持ちで、地域を巻き込んで実現するそのパワーも伝わって

    きました。

    取組みの柱として①職人さんを育てる仕組みを作った。大工技術を学びながら学校に行き、

    大学までいくことが可能。②建築家とクライアントである企業が建築における問題解決に

    ついて意識の共有ができている。③新しい部材を創り出し、合理化する。の3つが上げられます。

     

    木造建築のプレファブリックについてもその理由を以下のように挙げています。

    ①建物を雨に浸からせないために、工期の短縮が有効。

    ②現場で断熱気密の高い精度をキープするのは難しい。

    ③様々な新しい木造建材の組み合わせは新しい可能性を持っている。

     

    「木造建築を更に進め、進化していくにはプレファブリックが鍵です。」

     

    後半はご自身の建築物の紹介です。

    パッシブハウスの事例や山頂にある山小屋の現場ではヘリコプターをクレーン代わりに使ったこと

    などインパクトのある現場の紹介をいただきました。

     

    全体に木造建築に対する想いの強さと誠実さを感じさせられるセミナーでした。

    日本で何ができるのか考えさせられます。